〔POP講座〕 POPの品格 POPレッスン POP研修 POP講習 POP教室

 

 

 

切り方を提示しているだけなのに、

にんじんを購入するお客さまが増えます。

 

 

 

POPコピー(キャッチコピー)がなくても

イラストの効果ですね。

 

 

 

その他、食べ方や保存方法も

お客さまが喜ぶ情報です。

 

 

 

さらにこの手描きPOPの優れているところは、

なんといっても「余白設定」です!

 

 

 

いわゆる「間(ま)」です。

 

 

 

手描きPOPの品格を感じませんか?

 

 

 

上手に魅せる方法の一つが、

間(ま)のとり方である「余白設定」です。

 

 

 

間(ま)の悪い店員さんっていますよね…

 

いきなり接客を始められたら、もう買う気はなくなります。

 

 

 

手描きPOPも同じです。

 

間(ま)の悪いPOPは、

貼っていることが商品やお店にとってマイナスになります。

 

 

 

間(ま)の悪いPOPも「働くPOP」に

生まれ変えさせる方法があります。

 

 

 

最近は友達感覚の店員さんが支持されます。

 

フレンドリー感があれば、

間(ま)の無さは解消できます。

 

 

 

下記を意識してください。

 

1)文語より口語で語りかけるコピーにする

2)商品説明ではなく、感想を伝える

3)文字にトーン(強弱)をつける

4)色使いを明るめにする(注:商品イメージで変わる)

5)親近感を抱く、フォント(書体)を選ぶ

6)楽しいイラストがある

7)イラストが苦手な場合は、簡単な装飾で補う

 

 

 

上記、7つのポイントを押さえることで、

間(ま)のあるPOPのように、

働くPOP」になります。

 

 

 

#POPチャンネル #POPちゃんねる #POPジャパン

#チームPOPジャパン #POP甲子園 #レバレッジPOP

#農業POP #農産POP #野菜POP

#POPプラットフォーム #手書きPOP #手描きPOP

#POPスター #POPSTAR #POPコンサル

#POPコンサルタント #POPプロデューサー #POPプロデュース

#POP講師 #POP講演 #POP講習

#POP講座 #POP研修 #POP教室

#POPレッスン #POPセミナー #働くPOP

#POPメンテナンス #POPコピー #POPキャッチコピー

#キャッチコピー #1行コミュニケーション #いちコミ

#POP動画 #日テレ #日本テレビ

#バラエティ出演 #バラエティ番組 #動画POP

#POPの品格

 

LINEで送る
Pocket

error: ダウンロードできません