POPちゃんねる

働くPOPで日本を元気に!
さぁ、朝3時33分起きの「POPスター」の出番です。2012年3月に出版した著書「繁盛店が必ずやっているPOP 最強のルール」(ナツメ社)はすでに第5刷!秘伝の「働くPOP」を地域や企業、個人へ伝授。年間150回を超えるセミナー活動は口コミで拡大中!「POPで日本の景氣回復!」を本氣で志します!

投稿記事一覧 > 2013年09月

このブログを書いている人

沼澤 拓也(ぬまざわ たくや) 沼澤 拓也(ぬまざわ たくや)

プロフィール

  • 株式会社 ピーオーピーオリジン代表取締役
  • 札幌商工会議所付属専門学校 非常勤講師
  • 商店街活性化推進調査研究チーム所属

等々、詳しいプロフィールは
オフィシャルサイトに掲載中です。

最新記事

カレンダー

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

月別アーカイブ

その他

【POP広告】 第1回POPジャパン・メッセ開催

2013.09.27

第1回 「POPジャパン・メッセ」を開催しました。

〔第1講演〕 本屋のオヤジ (株)久住書房 久住邦晴社長
〔第2講演〕 ドラッカリアン1号 佐藤等会計士事務所 佐藤等先生
〔第3講演〕 POPスターこと、沼澤拓也 参上!

DVDが完成しました!

まずは、下記をご覧ください!

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mbLThE7jA6g

カテゴリー:POP広告

【POP講習会】 手描きPOP(手書きPOP)の作り方

2013.09.27

【ご案内】 11月16日(土)10:00~16:00まで

「1day 手描きPOPセミナー」を開催します!

 

講座名は『POPスター参上!繁盛店が必ずやっているPOP 最強のルール教えます』

 

POPスターこと、沼澤拓也のセミナーを誰でも受講できる講座は、年に数回しかありません。

この機会にご参加ください!

 

詳細はこちら

拙著「繁盛店が必ずやっているPOP 最強のルール」(ナツメ社)も当日販売します。

【感謝】

CIMG8324(縮小)130920

カテゴリー:POP講習会

【POP広告】 ユニバーサルサービスの概念を大切に!

2013.09.27

 早速ですが、次のことをご存知ですか?
 「価格がみえない」「商品が重たい」「手が届かない」この他にもいろいろありますが、これらは高齢者が買物の際、とても困っていることの代表例です。
 また、「店員の説明がわからない」「意志伝達がむずかしい」「表示がないとわからない」こちらも他にいろいろありますが、これらは聴覚障害者の困っていることの代表例です。
 さらに、視覚障害者や肢体不自由者、外国人、妊婦さんもそれぞれとても困っていることがあります。
さてここで『ユニバーサルサービス』という言葉を聞いたことはありますか?
 (社)公開経営指導協会(以下 本協会)が推進しており、「集合研修」や「通信教育講座」並びに「資格試験」など、今必要とされている概念であり、注目を集めているスキルです。そのテキストから抜粋しますと、「ユニバーサルサービスとは、子供から高齢者、身体にハンディを持っている人まで、あらゆる人の立場にたって、公平な情報とサービスを提供すること」とされています。
 したがって「POP広告」も情報発信ツールとして、このような定義や概念をもとに「年齢や能力、障害にかかわりなく、すべてのお客様のためのPOP広告」(以下 ユニバーサルPOP)が今まさに必要とされていく時代です。
 これまでのことから例えば、下記画像のように『ユニバーサルPOP』の【原則】を設定することができます。

画像1

 

 「お客様は欲しい情報を難なく入手し、満足した買物をしている」と言い切れるお店は、果たしてどのくらい存在しているのでしょうか。
「POP広告」のアドバイスで店舗巡回する際、「当店はPOP広告を重視しています。<生産地>も<素材>もそして<消費期限>など基本情報は明確に表示しています」とこの手の回答が返ってくることが非常に多いです。最近マスコミなどで取り上げられることが多く、確かにお客様にとって重要な情報です。
しかし『ユニバーサルPOP』の概念から考えると情報についての捉えかたの次元が違います。
前述のとおり、「買物環境」、そのなかでも「情報収集」に焦点を絞ると、「価格がみえない」「表示がないとわからない」など、お客様によっては欲しい基本的な情報の入手に困難をきたしていることが予想以上に多いことに気づきます。
 それではひとつづつ解説していきます。

 【原則】1.公平に伝達できるPOP広告

 『ユニバーサルサービス』の解説にもありましたが、お店には子供から高齢者、身体にハンディを持っている人など、多くのお客様が来店します。子供が一人で買物に来た際、果たして今のPOP広告は見えているのでしょうか。「価格が見えない」と悩みを持っている高齢者がいるように来店するお客様の習性や行動、特性をしっかり分析する必要があります。

 <改善ポイント>
◎ 表示物自体の拡大
◎ 色の調整
◎ 取付け位置

 【原則】2.簡単に理解できるPOP広告

 よく専門的な知識を自慢するかのようにウンチクを書き記すPOP広告を見かけます。もちろん、専門品を取り扱っているお店でしたら問題ありません。しかし、最寄品を扱うお店の場合、なるべく簡略化した情報発信を意識するべきです。複雑にせず、使用方法やメリットなどがすぐわかるように表現することが必要不可欠です。

 <改善ポイント>
◎ 文字数の削減
◎ 専門用語や外来語に注意
 ◎ イラストを活用

 【原則】3.すぐに情報収集できるPOP広告

 なるべく情報は分散せずに集中させることが大切です。「触地図」(下記画像)というのをご存知ですか?「店舗構成」「売場平面図」が点字などで親切に表記されています。施設(店舗)の全体像が容易に把握できるので、集積施設の店舗入口やサービスカウンターなどに設置するところが増えています。

画像2

 

<改善ポイント>
◎ 文字の拡大
 ◎ 可読性のある書体使用(点字の使用)
 ◎ 絵文字を活用

すべての【原則】をすべてのお客様に対して当てはめるということはとても難しいことです。例えば、取付位置にしても通常のゴールデンスペースである高さ85~125cmでは、子供や高齢者には高すぎます。細かく見ていくとこの「すべてのお客様に」という【原則】設定はとても難しいことです。
しかし、どれか要件をみたすことが重要なのです。すべてのお客様に情報格差や負荷の少ない店づくりを提供していく場合、この意識がこれからのPOP広告には必要であり、それがお客様のニーズなのです。
ニーズを商品ベースだけで考えてしまうと情報入手に困難さを感じている人の視点で捉えることはできません。
これからは〝マインドニーズ〟に焦点を当てるべきです。高齢者や体の不自由な人の求めている〝マインドニーズ〟を追求してください。
 この『ユニバーサルPOP』はまだ発展途上の段階、というより永遠に続く課題です。これからまだまだ整理されていき、一歩ずつその課題を解決していきながら情報格差がなくなる「POP広告」の展開が可能になります。より良い「買物環境」をつくりあげるためにはとても重要なことであり、望まれています。
常にPOP広告を「ユニバーサルサービス」の視点で考えて頂きたいのです。
きっと商売の新たな視野が開かれます。

 

 

カテゴリー:POP広告

【POP新聞】 8月以前のバックナンバー

2013.09.24

おかげさまで商売繁盛のため、制作時間が…
9月号はお休みしました。

〔8月号〕

 1308号②

〔7月号〕

1307号②

〔6月号〕

1306号②

 

カテゴリー:POP新聞

【POP講師】 メディア出演!POPスターこと沼澤拓也(笑)

2013.09.22

こんにちは!

多くの塾生や学生、指導先、顧問先、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、ブログやツイッターなどで「POPスター」と呼ばれている沼澤拓也です。

 

 

POPスター☆沼澤拓也のセミナー 人氣10の理由

1)セミナー講師依頼が多数
  全国で年間150回以上の実績
2)コンサルティング依頼が多数
  1day指導を含めると、おかげさまで3千社突破!
3)公的機関等からの依頼が多数
  市、商工会議所や商工会、財団・社団法人の登録専門家として、
  セミナーやコンサルティングなどの活動
4)教育機関からの依頼が多数
  大学や専門学校、高等学校で講義
5)有名企業からの依頼が多数
  モバイル、食品・飲料メーカーから、何年にも渡りセミナー開催
6)執筆家としての依頼が多数
 新聞・雑誌等、メディアへの掲載。POP検定の学科テキストを執筆。
 そのため、全国で活躍するPOP講師たちの先生と呼ばれている
7)カルチャー教室からの依頼が多数
8)就職支援機関からの依頼が多数
9)金融機関や郵便局からの依頼が多数
10)第40回記念大会「スーパーマーケットトレードショー」にて
   東京ビッグサイトで講演

このブログをご覧頂いた機会に、一歩踏み出してみませんか?

 

POPスター☆沼澤拓也のセミナーはココが違う

「売れるPOP」を超える「働くPOP」
   
… 世界初!POPにマネジメントを組み込みました
◎「手書きPOP」を超える「手描きPOP」
   
… 「手書き」と「手描き」の違いは下記拙著p94ご参照ください
◎POPをツールに「買いたくなる仕組」をつくる
   … POPスターが提唱する「POPノート」が決め手です

 

 

驚くのはまだ早いです!

 

何よりも!

 

2012年3月全国出版

 

「繁盛店が必ずやっているPOP 最強のルール」(ナツメ社)

 

すでに第5刷

 

「働くPOP」でつながりませんか?