POPちゃんねる

働くPOPで日本を元気に!
さぁ、朝3時33分起きの「POPスター」の出番です。2012年3月に出版した著書「繁盛店が必ずやっているPOP 最強のルール」(ナツメ社)はすでに第5刷!秘伝の「働くPOP」を地域や企業、個人へ伝授。年間150回を超えるセミナー活動は口コミで拡大中!「POPで日本の景氣回復!」を本氣で志します!

投稿記事一覧 > 手描きPOP

このブログを書いている人

沼澤 拓也(ぬまざわ たくや) 沼澤 拓也(ぬまざわ たくや)

プロフィール

  • 株式会社 ピーオーピーオリジン代表取締役
  • 札幌商工会議所付属専門学校 非常勤講師
  • 商店街活性化推進調査研究チーム所属

等々、詳しいプロフィールは
オフィシャルサイトに掲載中です。

最新記事

カレンダー

2017年6月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

その他

【はじめに 2】 手描きPOPというメディアを使って何がしたいか?

2017.02.04

 

手描きPOPというメディアを使って何がしたいか?

 

 

この「問い」に対するあなたの考えはまとまっているだろうか…

 

 

これが明確でなければ、あなたの制作した手描きPOPは働かない。

そして願ったような成果にはつながらない。

厳しいように聞こえるが、POPに関わる価値がない!

 

 

◎お店の売上げをあげたい。

◎販売個数を増やしたい。

◎商品やサービスをアピールしたい。

 

上記のように、手描きPOPを広告として使いたい人。

 

 

◎POP制作で収入を得たい。

◎POP講師になりたい。

◎コンサルタントとして活躍したい。

 

上記のように、手描きPOPを業として活用したい人。

 

 

このように、手描きPOPへの捉え方や接し方はいろいろである。

 

私は、広告や収入のための業を超えたパワーのあるメディアとして、POP広告を捉えている。

 

 

テレビや新聞などのマスメディアだけではなく、パーソナルメディアであるインターネットにも引けを取らないのがPOPメディアである。

 

しかし、メディアであるためにはある要件が不可欠なのだ。

 

それは!

 

ネットワーク

 

 

それを可能にする仕組みが「チームPOPジャパン™」である。

 

 

「手描きPOPというメディアを使って何がしたいか?」という問いに対する、私の回答は次のとおりである。

 

『POPでつながる仲間づくり』

 

その先に、このチームがPOPメディアのイニシアティブをとることで

経済に影響力を与えることである。

 

つまり、チームのミッションである

『POPで日本や世界の景気回復!』

 

 

【前書き】 POP広告はコストから「投資」のツールへ!

 【はじめに 1】 手書きPOPが嫌い!

 

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告 #POP甲子園
#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師
#POPセミナー #POP講習

【はじめに 1】 手書きPOPが嫌い!

2017.02.02

 約30年、POPの講師を務めているが、これまでの経験から「手書きPOPが嫌い!」という受講者もいた。

 

 受講者もいたというより、いたことの方が多いケースがあった。

 

 講習前に、そんな人がなぜ受講するのかと理由を尋ねると、ほとんどが「会社命令」と答える。

 

 誰でも受講可能なオープンセミナーの場合、「嫌い!」という方はほとんどいないが、企業研修というクローズな場合に「会社命令だから仕方なく…」というモチベーションの低い方が参加しているのだ。

 

 私はこのような受講者が大好きだ!

 

 なぜなら私も最初は「嫌い!」だったからだ。

 

 手前味噌で恐縮だが、私に講師の依頼をしてくださる企業や主催者は、多くの講師の中から選んでくださる理由としてこのことを重視してくれるのだ。

 

 POPが大好きで上手な講師はたくさん存在する。だが、「嫌い!」がスタートの講師は日本、いや世界広しと言えど一人しかいないだろう。

 

 誤解しないで頂きたい!今はもちろん「手描きPOPが大好き!」だ。

 

 私が「嫌い!」だった理由は3つ。

 

 1)字が下手

 2)絵心がない

 3)パソコンで作れる時代なのに今更手書き?

 

 会社命令でいやいや参加した受講者に嫌いな理由を聞くと、同じ3つの反応なのだ(笑)

 

 私のPOP講習会は、受講者全員が上手くなるとは言わないが、間違いなくPOPのことが好きになって帰ってくれる。

 

【前書き】 POP広告はコストから「投資」のツールへ!

 

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告 #POP甲子園
#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師
#POPセミナー #POP講習

 

 

【前書き】 POP広告はコストから「投資」のツールへ!

2017.02.01

 2012年3月「繁盛店が必ずやっている POP最強のルール」(ナツメ社)が出版された頃から、経営(商売)を取り巻く環境が変化し、従来の販売促進活動を再検討する企業(店舗)が増えた。

 

 5年前のあの時、私はPOP広告(手描きPOP)について『コストから「投資」のツールへ』という発言で、これまで当たり前と考えられていた従来の販売促進活動に一石を投じた。

 

 これまでの販売促進活動の常識に反する私の視点は、ある一部の広告代理店や教育機関から否定的な眼差しもあったが、予想以上に多くの企業(店舗)や公的機関から賞賛の声を頂いた。

 

 おかげさまで増刷を9回も重ねることができた。

 

 この本は、POP広告(手描きPOP)を流行り・廃りで捉えるツールであると考える経営者はじめ、現場スタッフを憂い、満を持して出版した。常に時代や環境、そして文化に合ったPOP広告が求められていることを伝えたかった。

 

 単に売れればいいと考える先には、その企業(店舗)の未来に暗雲が立ち込めることをこれまでの経験や事実が示していたからだ。

 

 私はPOP広告の本来価値を理解する教育を現場スタッフだけではなく経営者も受けることで、底知れぬPOPパワーを発揮できることを伝え続けている。

 

 このブログやe-ラーニング、DVD、そして講演会に参加頂くことで「売れるPOP」から「買いたくなるPOP」さらにステージの高い「買いたくなる仕組みをPOPでつくる」ノウハウを入手できることをまずは伝えたい。

 

【はじめに 1】 手書きPOPが嫌い!

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告 #POP甲子園
#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師
#POPセミナー #POP講習

 

 

【予告 その2】 POP甲子園(全国大会北海道ブロック) 開幕への序章!

2016.09.22

11月22日(火)18時。札幌教育文化会館で何か開催する件の続報です。

先月(8月)、ベストセラー作家の出演が決定しました

と、告知しました。

 

そのベストセラー作家とは誰か?

まさかの登場です(驚)

 

下記、添付リーフレットでご確認ください(^^)

POP甲子園 特別講演会

【募集】 POPを描いているあなた!「POPで日本の景気回復プロジェクト」に参加しませんか?

2016.04.17

POPで日本の景気回復プロジェクト」をスタートさせ、8年目に突入します。

 

その一つのプロジェクトとして「チームPOPジャパン™」が2年前に立ち上がり、

下記の13都道府県に賛同してくれるメンバーがいます。

 

◎北海道  ◎宮城  ◎福島
◎山形   ◎東京  ◎長野
◎岐阜   ◎愛知  ◎京都
◎奈良   ◎大阪  ◎兵庫
◎岡山

 

よく、資格は必要ですか?

と、質問されることがありますが、

「POPを描いている人財」であれば

その資格があります。

 

POPはひとりで取り組むよりも

チームで活動することで発言力も

ミルミル増していきます。

 

本企画の発案者である私(沼澤拓也)は、

このプロジェクトによってPOPに携わる働く人財の

社会的役割並びに地位向上に努めることを目指しています。

 

〔プロジェクト参加者の実績〕

□自店の商品の売上げを前月比226%アップ
□講師やアシスタントとして公的団体セミナーにデビュー
□道の駅や直売所のPOP指導や制作
□水産会社のPOP研修講師
□小・中学校でPOP授業

上記はほんの一例です。

 

チームに参加することで

仕事の依頼が舞い込んでいるメンバーが増えています。

※希望者には「チームPOPジャパン™」の名刺を制作(有料)します。
※仕事の斡旋はしていません。

 

チームPOPジャパン™の一員として

まずは参加表明しませんか?

 

 

#POP #POP講習 #POPセミナー #POP講師 #POPコンサルタント
#インバウンド #農業 #住宅

#北海道 #青森県 #秋田県 #岩手県 #山形県 #宮城県 #福島県 #新潟県
#栃木県 #茨城県 #群馬県 #埼玉県 #東京都 #千葉県 #神奈川県 #静岡県
#山梨県 #長野県 #岐阜県 #富山県 #愛知県 #三重県 #和歌山県 #奈良県
#大阪府 #京都府 #滋賀県 #石川県 #福井県 #兵庫県 #岡山県 #広島県
#鳥取県 #島根県 #山口県 #徳島県 #香川県 #愛媛県 #高知県 #福岡県
#大分県 #長崎県 #佐賀県 #熊本県 #宮崎県 #鹿児島県 #沖縄県
#47都道府県