POPちゃんねる

働くPOPで日本を元気に!
さぁ、朝3時33分起きの「POPスター」の出番です。2012年3月に出版した著書「繁盛店が必ずやっているPOP 最強のルール」(ナツメ社)はすでに第5刷!秘伝の「働くPOP」を地域や企業、個人へ伝授。年間150回を超えるセミナー活動は口コミで拡大中!「POPで日本の景氣回復!」を本氣で志します!

投稿記事一覧 > POPstyle

このブログを書いている人

沼澤 拓也(ぬまざわ たくや) 沼澤 拓也(ぬまざわ たくや)

プロフィール

  • 株式会社 ピーオーピーオリジン代表取締役
  • 札幌商工会議所付属専門学校 非常勤講師
  • 商店街活性化推進調査研究チーム所属

等々、詳しいプロフィールは
オフィシャルサイトに掲載中です。

最新記事

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

月別アーカイブ

その他

【POPstyle】 8月6日はPOP検定。

2016.07.28

第60回をむかえるPOP検定が近づいている。

 

8月6日(土)は全国で一斉に開催されるのだ。

 

ご存じだろうか?

 

すでに国内に、5万人を超す検定合格者が存在することを。

 

老若男女問わず、この資格取得者は店舗や企業経営の力として

一人一人が活躍しているのだ。

※試験規定として受験可能な年齢は原則、18歳以上

 

当社は、この検定設立時から運営に携わっている。

学科テキストの執筆や試験監督なども務め、

POPというメディアのノウハウを共有している。

 

POPは資格がなくても制作はできる。

しかし、せっかくなら検定を受けることをおすすめしたい。

 

独学でつくるPOPより、はるかに「働くPOP」が

あなたの店舗や企業を商売繁盛に導いてくれるだろう。

 

This is POPstyle!

 

 

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告

#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師

#POPセミナー #POP講習

【POPstyle】 コストが限りなく0円。

2016.07.26

テレビを代表とするマスメディア。

その代わりに需要が増加しているのが

インターネット、通信衛星メディア、そしてPOPの

3つのパーソナルメディアであることを前回述べた。

 

 

なぜ3つのパーソナルメディアの需要が増加しているのか?

 

その理由が、POPスタイル。

 

投資効率が高い」ということ。

 

 

マスメディアの投資効率が

以前ほど高くなくなったことが背景にある。

 

 

これに対し、POPを含める3つのパーソナルメディアに共通する点は

コストが限りなく0円に近い

 

 

極端なことをいうと、失敗が許されるメディアなのだ。

 

 

企業は、パーソナルメディアで実験をし、

成功事例をマスメディアで発信するプロセスを導入しているのだ。

 

This is POPstyle!

 

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告

#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師

#POPセミナー #POP講習

【POPstyle】 メディアの勢力図。

2016.07.24

これまでメディアの代表といえばテレビであった。

 

「あった」と、過去形であるが

今も代表であることを疑わない人も多いだろう。

 

しかし、メディアの勢力図が変わり始めている!

 

それはPOPスタイル。

 

 

メディアの中での「テレビ」の需要が

視聴率にもあらわれているように低下しているのだ。

 

それに伴い、テレビCMを投入する企業が減ってきている。

 

 

テレビだけではない!

 

新聞、雑誌、ラジオを含めた

いわゆるマスメディア全体の需要が低下しているのだ。

 

代わりに需要が増加しているのが

インターネット、通信衛星メディア

そしてPOPの3つのパーソナルメディアしかないのである。

 

マスからパーソナルへ

メディア業界も一人一人の消費者との対話

力を発揮する時代である。

 

This is POPstyle!

 

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告

#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師

#POPセミナー #POP講習

 

【POPstyle】 企画書vs手描きPOP

2016.07.22

企画書なんていらない!

 

それがPOPスタイル。

 

 

何ページにもわたる企画書をつくる時間を考えると

自分なら生産的な仕事にその時間を使う。

 

いや、生かす!

 

 

企画書を持ってきてと言われたら

そことの仕事はなかったこととしてお断りする。

 

企画書を提出しなくても

「その企画、ぜひやろう」

と、言ってくれるお客さまを探した方がよっぽど生産的だ。

 

 

しかし、何もなくては先方も決断できない。

 

だから自分は、

たった1枚の手描きPOPを披露する

 

それだけだ。

 

This is POPstyle!

 

 

#手描きPOP #手書きPOP #POP広告

#POPコンサル #POPコンサルタント #POP講師

#POPセミナー #POP講習